タミフルが世界消費量の約75%を占めるワケ

タミフルは抗インフルエンザウイルス薬として、発売以来、画期的な原因治療薬とされ世界中で処方されています。インフルエンザA型およびB型に有効とされ、ノイラミニターゼを阻害することでウイルスの増殖を抑えて発病のリスクを軽減する効果があり、治療薬だけでなく予防薬としても使用されます。発症から48時間以内に服用することで、インフルエンザの症状を短期で治療できるため重宝されていますが、タミフルを使用する国はほとんどが日本で、世界消費量の実に75%を占めていると言われています。2位の米国でも約20%程度で、圧倒的に日本が多く、他国と比べてどれだけ消費しているかがよく分かります。インフルエンザウイルスなどの病原菌は、生命の危険を感じると耐性を作るなどの進化を遂げるため、頻繁に使用される治療薬にも何れ効果がなくなってきます。海外ではタミフルを使用することでインフルエンザウイルスが耐性を持ち、薬効がなくなることを懸念しているため、処方することを控えるようにしています。反する日本では、薬を処方してもらったという事実で安心する人が多く、本来なら投与せずに元気になる患者でも、要求されて処方するケースがあるためです。基本的に健康な人ならインフルエンザは自力で治すことができ、タミフルを必要とする患者は、合併症のリスクがある高齢者や持病のある人です。海外ではこれらの患者に処方するとともに、副作用による危険性を踏まえて、ワクチン接種による予防を推奨しています。近年ではタミフルを多用してきたためか、薬が効かないインフルエンザの変異種が発見され、ニュースにも取り上げられています。抗インフルエンザウイルス薬そのものが効きにくい耐性菌も確認されており、新しい治療薬の発見が望まれています。

■他のインフルエンザ治療薬の解説
リレンザの飲み方
■通販でインフルエンザ治療薬を購入しましょう
タミフル 通販
■どれを買おうか迷った時はこちら
インフルエンザ 薬