多発前にタミフル、インフルエンザは空気感染ではない

病気の感染経路として、広く知られているのが空気感染です。
空気中に漂っているウイルスを、人が体内に吸い込むによって病気を発症する空気感染は、なかなか予防が困難になります。
呼吸をせずに暮らす事は不可能であり、空気感染自体を完璧に回避する方法はありません。
しかし、乾燥しやすい状態と湿気が適度にある状態では、空気感染のリスクが大きく左右します。
加湿器などで適度な湿気を維持しておけば、空気感染のリスクが大幅に低下し、
そういった感染経路による病気の危険を低下させられます。

ただ、注意しておきたいのがインフルエンザの問題です。
インフルエンザは空気感染するイメージがありますが、実際は唾やクシャミ等による飛沫感染がその大半を占めています。
自宅内は加湿器などによって空気感染同様に予防出来ますが、
人混みが多い電車やバス、繁華街では感染のリスクが下げられません。

インフルエンザが多発している時期に限り、近頃では専門医のコーチングのもと、タミフルの使用が可能となりました。
学級閉鎖が多発している、地域内で長期間インフルエンザが蔓延している等、
そういった事態の際は、タミフルが感染予防対策として非常に役立ちます。
新型インフルエンザへの効果も認められており、病気が多発する本格的な季節が到来する前にタミフルを予防薬して飲むのも、良い戦略です。

医師による診察と処方箋が必要になりますが、
当然地元でインフルエンザが多発している場合、その情報は専門医の耳に真っ先に入りますので、特に問題なくタミフルが処方されるでしょう。
特に新型インフルエンザを患った際、重篤化しやすい人々はタミフルを予防薬として使用する事が、優先的に認められています。